忍者ブログ
pixiv commeres
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不思議なんだよなぁ。

顔を描いたとき、ちょっと形がおかしいなと思って
紙を裏からすかして見たりしつつ描き直して整った形にしようとする。
でもそうすると立体的には正しくなるはずなんだけど
どんどん顔が作り物っぽくなってきて死んだ顔になっていく。

多少、立体的におかしくても
最初の勢いで描いた線のほうが
生き生きしてるって事がよくあるんだよなぁ。

立体にとらわれて勢いがなくなるってこう言う事なんだろうか。
音楽とかでもm何度も歌い直して良いところだけつないでも
音階的には正しくてもちょっと不自然になっちゃって
かえってライブの一発どりの方が
流れが自然でなめらかで聴いてて気持ちいってのと一緒なのかなぁ。

となると、最初の一筆目が勝負の分かれ目になるって事だよね。
その一筆目でいい形が出るように、日々精進するしかないわけだ。
PR
amazon早すぎだろう・・・・。
昨日の夕方頼んで置いて、今日の昼過ぎに届くってどういう事だ?
都内に住んでる時なら、市川はそう遠くなかったし不思議でもなかったけど
ここは九州の中心地(地理的に)熊本だぞ・・・・?
関西倉庫かもしれないけれど、伝票は千葉からだ・・・いったいどうなっている・・・・。

都内に住んでいた頃も、街でいろいろ見ても
結局割引率が一番高いamazonで購入という事が多くて
都会に住んでても、買い物するのにアドバンテージってあんまり無いな
なんて思ってたけど、今住んでるような田舎だと、店自体品揃えに恵まれてないから
もっと言うと店自体少ないからamazonは本当に助かる。
でもまぁ地域振興のために地元の店で購入したほうがいいかなとも思うわけだけどね。

早速届いた火の鳥。
いざ本棚に並べるが・・・なんか恐れ多くて
気軽に読み始めれない。風呂入って身を清めてからじゃないと
手に取ってはいけないような威圧感を感じる。
いかんいかん権威主義は。読んでみてからならまだしも
読む前から畏敬の念を抱くは無知の証明!

まずは読もう・・・身を清めてから・・・
もっと心づもりできてから
一気に読む準備できてから・・・・
全巻読むのはしばらく後になりそうだ。

amazonは準備でき次第発送するんだけど
同時に到着したのは「美味しんぼ」

これ面白いなぁ。基本的に読み切りだから
どこから読みはじめてもいいから気楽に読みが始められるし
一話終わった時点で切り上げられるから休憩に読むにも丁度いい。
いろんな店や待合室に置いてあるのも納得。

いままで食わず嫌いで読まなかったんだけど、いざ読んでみると面白い。
でもこれを鵜呑みにしていろいろ知ったかぶりをするのも危険だから気をつけよう。
でもなぁ・・・マネして言いたくなるような説得力があるんだよなぁ。
でも!マネしてはいけない!そういうのを読みかじりの付け焼刃の生兵法というのだ!
あくまで漫画として楽しむのだ・・・

あぁ、読んでると腹減ってくるな。
よし・・・夕飯は魯山人の愛した茶漬けにするとしよう。
XP時代頻繁に起こっていたフリーズの原因
推測の域を出ないがおおよそわかってきた。

RAMDISK作成ソフトが原因のようだ。
windowsXPに限らず32bitOSは4G以上のメモリを認識できない。
しかし最近はメモリが安価で購入できる事もあり
積めるだけ積む事例も少なくないが、当然4G以上のはみ出た部分は
認識されず、言わばただたんに電気を食うだけの穀潰しとなる。

そこで出番になるのがRAMDISKソフト。
メモリーをHDDに見立てる、いわゆるRAMDISKを作成するソフトだ。
HDDとメモリーの速度は2倍、3倍どころでなく10倍以上もあったりする
そんな超高速HDDをphotoshopの作業ディスクに指定すると
どんな大きいファイルを開いてもスワップしないという超快適環境となるのだ。
他にもゲームのデータをそこに移せば
マップの読み込みが瞬時に終了するという
ノンストレスゲーマー環境が整うことになる。

先日まで32bitのXPを使用していたから
この死にメモリを活用できるRAMDISKソフトは
大いに役立っていた・・・・と思われていた。
だが、そのOS管轄外のメモリにアクセスするせいなのか
動作がとても・・・いや、尋常じゃないぐらい不安定だったんだ。
起動成功確率60%。三回に一回は立ち上がりに失敗してフリーズする。
他にもファイルを保存しようとすればフリーズする、動画を見ればフリーズする
なんの前兆もなくフリーズする、なんど強制終了したか数え切れない。
XP最後を飾る、超安定マシンを作ったつもりが
これではまったく役に立たない。
どんなに高速だろうと、安定していないマシンはゴミ以下。
作業がどんなに速くとも、保存できないのであれば無かったのも同じ。

OS管轄外のメモリーを使用するのが
不安定の原因と考えられるのならば・・・
4G以上認識できるOSを導入する他ない。

XPにも64bit版は確かに存在したが
かつてのNT版のような、ハイエンドやサーバー向けのような位置づけで
対応ソフトやドライバもあまり存在せず
一般人には少々扱いづらいという面が大きかったし
第一、店に置いてなかった。

しかし、ここ最近のPC全体の性能向上により
言わば満を持したというべきか
64bit版も選択肢の一つとして用意されているwindows7の登場。

マシンそのものが不安定ならばいたしかたないが
まずはこの死にかけのマシンに64bitのOSを導入し様子を見てから
新しいマシンを組むのは遅くはあるまい。
最初はあくまで試みの一つでしかなかった。

64bitOSを導入した結果
死にかけのマシンは超安定マシンへと生まれ変わった。
やはり原因はOS管轄外のメモリに使用にあったようだ。
しかしphotoshopで大型データを運用する前提のマシンだったから
RAMDISKを使用しないという選択肢が無かったのも事実。
64bitは、導入するべくして導入したという事か・・・。

photoshopも3Gまでならメモリーを使用できる。
それ以上となるとHDDにアクセスしてしまいスワップするようになる。
最新であるCS4に変更すれば3G以上も認識できるが
当分購入予定のない今、本当はスワップしないように2GぐらいのRAMISKを
OS管轄内のメモリで作成したいけど
どうも完全安定したRAMDISKソフトも今のところ見当たらないから
今のところは現環境で辛抱するとしよう。

やっぱり安定した環境ができあがると
達成感があってすがすがしい。
お前は・・・!
何本も買ったPS3のソフト、DSのソフトのうち
何本最後まで遊んで・・・・クリアしたというのだ・・・!
持っている事に満足してしまっているのではないのか・・!

ひ・・・・ひいっ!すいません!
いや!遊びたいんですよ!
遊びたいのは、やまやまなんですよ!
でもクリアまで最低2週間ぐらいはかかるかなと思うと
なかなか手が出なくなるんですよ・・・!

お前というやつは・・・・!
1本いくらと思ってるんだ!平均5000円はするソフトを
本棚に並べるだけで、何がゲーマーか!


そうなんです!高いんですよ!
5000円もあれば漫画本だと10冊は買えます!
それのこの手塚治虫のブッダの全巻集
6000円で買えちゃうんです!
遊ぶか遊ばないかわからないゲームより
ちょっと手の開いた時間にでも読めて
手塚治虫渾身のこのブッダ全集。
こちらを買った方が実が多いのではないですか!
家族みんなでも読めますし・・・!

ではお前はそういう理由で
PSP本体と初音ミク -Project DIVA、モンハン、それにPSP2を見送るというのか・・・!

ひぃぃ、すいませんすいません!
そのお金で「火の鳥」と「明日のジョー」も購入しようと思っています・・・!

お前はゲーマー失格じゃ!


ぐわぁぁぁぁぁぁ!

(YSY)がなかなか踏み切れなかった
漫画全巻集についに手を出すに至ったのは
2010年1月18日の事であった。
高校の時に作ったプラモが出てきた。
うーん、今見てもなかなかよく出来ている。
ケレン味というか、味付けとか個性は微塵もないけど
丁寧に作られてて好感が持てたね。自分の作品なのに。

そこで、もしそれからずっとプラモを作り続けていたら
どうなっていたか・・・もう一つの可能性に思いを寄せるわけだ。

プラモを作らなくなった理由の一つに
一人暮らしで作業場所を確保できなくなった事がある。
パソコンが机に鎮座するようになったし
塗装とかで汚れる危険性が増し増しになったのも大きい。

それともう一つの大きな理由は
絵を描く様になった事かもしれない。
とにかく絵に比べて、模型は時間がかかる。
鉛筆だと一発で描ける線も立体となると、
もう実物の形を作り上げるわけだから
作業も時間も膨大にかかってしまう。
もちろん、実物故の存在感は絵の比じゃないんだけど
あれも見たいこれも見たい!はやく完成した絵が見たい!って場合だと
立体は不利というか手間がかかりすぎるわけだ。

そんなのもあって次第にエアブラシにもスカルピーにも触れなくなって
鉛筆やphotoshopばかりいじるようになるんだが・・・・

でも今描いてる絵も気持ち的には形をキッカリ出したり
色は、塗るっていうより染めるって感じだから
そこらへんプラモやってたのは
絵に影響があるのかもしれないね。

ここらへんは時代や流行も影響あるかもしれない。
ちょい昔カプコン絵とか寺田克也が流行ってて
漫画絵でもデッサンしっかりしてないといけない!って
流れが蔓延してたからなぁ。時代だよね。

ちょっと回顧しちゃったよ。

先日、十年に一度あるかないかの積雪に見舞われたのだが、
雪に包まれることで難攻不落世界最強の城・熊本城がさらに
強固になるのではないかという懸念の声が聞かれた。

たしかに日ごろより私は
熊本城が世界最強の城だと信じて疑わない。
これは自慢ではありません。誇りなのです。

他県を旅する時、いろんな城見るわけだけど
例えば、石垣が雑に作ってあるとそれだけで
「あぁ・・・やっぱ熊本城の勝ちだな」なんて思うわけだ!

しかし来るべき宇宙戦争となると
現在の装備だけでは不十分だ・・・!
宇宙要塞クマモトジョーを目指して整備補強しなければ!

ムシャガエシ

曲面したバリアを展開する事により
ビームを受け流す形で無効化!
曲面は相手側に凹面が来るようになっているため
反射したビームは拡散ビームとして
相手にそのまま跳ね返るぞ!

クロヌリヤグラ
柿から抽出された黒い液体で城の塀は塗られている。
これらの効果により城全体がステルス効果によって包まれており
敵の電子操作ミサイルなどが無効化される!
また城を囲む城壁には砲台を設置できる穴も開けられており
まさに攻防一体の籠城戦が可能だ。

ウト・ヤグラ
第二管制塔だ!序盤で被弾してよく交信不通になるぞ!

ニノマルフィールド
普段は親子連れや老夫婦、学生などが
遊んだり運動したり花見をする公園だが
危機が迫るとその公園がバリアとなり
一切の物理干渉を無力化するアンチフィールドが形成される。
しかしこちらの砲撃すら無効化されるので、その使用は
あくまで時間稼ぎの場合のみに限定される。

カラシレンコン
クマモジョーの備蓄食料、いわゆるレーションだ!
とても辛いから子供にはつらい。
しかし場内の畳は芋づるで作られているので
それらも煮ることで緊急食糧としても代用される。

ジンダイコ君、オテモヤンサンバ
兵士の士気を鼓舞する太鼓隊だ!
絶体絶命の危機が迫るとき
ジンダイコの音がクマモトシティに響き渡り
クマモトジョーは反転攻勢へと転じる!
女性部隊であるオテモヤンサンバと連携する事で
さらなるエネルギーの増幅も見込まれる。
反転攻勢の狼煙だ!

キヨマサコウ
旧熊本城を築城した加藤清正公の銅像だ。と一般的に言われているが
ジンダイコの鼓舞があっても退けられない危機が迫るとき
清正公の銅像は巨大化し、この城を街を守る守護神として
迫り来る脅威に立ち向かうであろう!
それがムクの銅像なのか、巨大ロボットなのか
現在の科学では解明する事すらままならない。


かつて西南戦争で薩摩軍の猛攻に耐えぬき
官軍勝利の一因となったと言われている難攻不落の熊本城。
しかし、現代の電子戦。そして来るべき近未来
獰猛な異星人、宇宙怪獣、バッフ・クランなどに立ち向かうには
このくらいの装備が配備されて然るべきである!

そして、西に控える自衛隊西駐屯地。
この西日本最大規模の自衛隊との連携こそ
熊本の、いや日本の、しいては世界、地球の平和を守る礎となるのだ。

雪女は首だけになるのではなく
全体的にちっちゃくなるのではないか!
(北国・匿名希望(職業:勇者)

なるほど・・・!たしかにそっちのほうが
見た目にもかわいいし、魔法瓶に入るし旅しやすいかもしれない!
首だけになるとクーラーボックスの準備とか空港で大変そうだしね。
魔法瓶なら「息苦しい!たまには蓋を開けい!」なんて怒られながら
北国に向かう珍道中が無理なく展開できそうだね!
定期的にドライアイスを補充してあげないと溶けちゃうので注意。
あまりにうるさい時は魔法瓶をシャカシャカしてお仕置きするといいだろう。

なんて事を考えながら車を運転するのが日課です。
おかしいなぁ・・・
描いても描いてもいっこうに全然進まないなぁ
なんて思ってたんだけど、良く考えてみれば
前回のほぼ二倍のページの量になってましたとさ!
九州としては珍しく雪が積もった。
十年に一度あるかないかと言えば
どれくらい珍しいか伝わるだろうか。
でも昼過ぎに、日光が当たってしまえば
みるみる溶けてなくなってしまう。
九州で雪が生き残るのは難しい。

てことは・・・
もし道端で雪女を見つけたらどうしよう。
きっと暑いから弱っているはず
ひょっとしたら溶けてしまって首だけになってるかもしれない。
助けるには・・・家の冷凍庫に首だけでも入れておいてあげないといけないなぁ。

そんなマンガを書こうかと思ったけど
ビジュアル的に猟奇過ぎるからやめておこう。

一度整理しておこう。

東方projectとの本格的な出会いは、東方緋想天。

でも実際の初対面、自体はかなり遡ってたしか、
その緋想天よりも4年前ぐらいには見てはいたような気がする。
そういや秋葉原の同人ショップで萃夢想見たの思い出した。
レミリアが赤い槍を投げてたのを強烈に覚えている。
同人ゲームってこんなクオリティになってるんだって驚愕したの覚えてるよ。

そこから時は流れて・・・・
友達に東方緋想天というものがあるんだよと紹介されて
まぁ、流行ってるし東方に一度は触れておきたかったし
格闘ゲームならば昔とった杵柄で多少は遊べるかなという
軽い気持ちで手を出したんだけど、これが対戦会もマメに
開催されていたせいか、どんどんハマっていく。

最初に興味持ったキャラはたしか伊吹萃香。
最初は誰が誰だかわからないから
ニュートラルポーズが「変」だった萃香に興味もってしばらく遊ぶ。
ヴァンパイアセイヴァーのバレッタ的な、ちょっとイロモノっぽい印象を持った。
接近戦メインで性格的にも相性が良かった。

次は妖夢。こちらも接近メインで操作してて面白かった。
ビジュアル的にも白髪でおかっぱで日本刀とか
好みつきまくりでやられた。ここらへんで初めての東方絵として妖夢を書く事になる。

ニコニコでも東方を調べようと思ってたどり着いたのが東方電子笛。
スク水ジャスティスの人の動画と言ったらわかりやすいかな。
氏の作品はメドレーでまとめられたものがあって
作業中に流すにも丁度よかったんだよね。
それでしばらくヘビーローテーションで東方音楽に触れ続ける。
決して!妖夢で検索しててスク水妖夢のサムネにホイホイされたワケではないのだよ!
あ。思い出した。その動画をずっと見てたから妖夢に興味もって使うようになったんだった。

そこから大活躍したのがニコニコ大百科。
東方関連の記事が充実しすぎていて
ついつい暇があれば読み込んでしまう。
それなりになんとなく詳しくなってくる。

その後、オリジナル音源を大阪まで買いにいってみたり
車の運転中は、まずはネクロファンタジアからという風になったりで
血中東方度がどんどん高くなっていく。

11月下旬
なんのあてもなく絵を描いてはいた。
以前からpixivのアカウントだけは
取ってたんだけどROM専門状態だった。
そんな中、なんとなく書いてみた優曇華。
ほんと流れで、徹夜明けの不明瞭な頭で
なんとなく軽い気持ちでpixivに投稿してみる。
これがpixv初投稿になるね。
投稿した瞬間、観覧数が出てビビる。
たしか10か20ぐらいの観覧数だったんだけど
見られているというのが如実に数字に出て新鮮だった。

そこから4コマ描いてみたら
一枚絵じゃできない事・・・「間」であったり「演技、かけあい」であったり「セリフ」であったりが
マンガじゃできる事に気づいて、マンガを書くのが面白くなってくる。
イラストとしてできる事はマンガでもできるしね。

東方、pixiv、そしてニコニコ
どれか一つでも欠けてたら
今描いてるマンガは存在しなかったと思うと
ちょっと感慨深い。

ブログ内検索
Ninja Tool
profile
HN:
(YsY)s
HP:
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) (YsY) All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]